株 初心者 > 思わぬ落とし穴に注意

思わぬ落とし穴に注意

初心者の方が株取引を行う場合、必ず注意しなければならないのが、落とし穴です。
落とし穴はどんな買い方をしていても、どんな市場であっても、どんなに慎重にしていても、必ず目の前に現れます。
株式市場というのは、言ってみれば穴あきチーズのようなものです。
ぽこぽこ穴が開いているので、油断しているとすぐに落ちてしまいます。
初心者の方は特に気をつける必要があるでしょう。

では、どういった落とし穴があるのでしょうか。
一番は、仕手の存在でしょう。
仕手というのは、短期の間に一つの銘柄の株を大量に買い、その銘柄に勢いがあると見せかけて他の投資家を集め、他の投資家がその銘柄を買い、株価が上がりきった所で購入した株を一気に売るという人たちです。

これがなぜ落とし穴なのかというと、もし株価がいきなり上がった銘柄があったら、やはり飛びつきたくなるのが心情ですよね。
その場合、もしそれが仕手の仕業だとわからなければ、どんどん上がる株価に心が浮つきます。
そして、こういう心理が働きます。
「上がりきって、少し下がった時に売ろう」
これだと、後悔もなく高いポジションでの利益が確保できるように思えます。

しかし、仕手が一気に株を売り始めると、ほぼ確実に特売りになります。
まず仕手自体の売る量が非常に多く、株価も急激に下がるので、それを見た投資家が売り注文を殺到させます。
結果、特売りとなるのです。
そうなると、もう売り注文を出しても受け入れられません。
結果、その株は元々の株価よりも大きく下げてしまう事になるでしょう。

こういった事が、株式市場では日常茶飯事です。
初心者の方は、様々な落とし穴に注意しながらトレードを行う必要があるのです。