株 初心者 > 分散投資が有効

分散投資が有効

株取引において、一つの銘柄に全ての資金を投資するのは非常に危険です。
一番の理由は、いわゆる経営破綻です。
経営が破綻した会社は、民事再生法を適用する事になりますが、それが発表される頃には株価は信じられない速度で急落しています。
よって、どのような会社であっても、急激に株価を落とす可能性はあります。

その際、損切りの為の売り注文を出しているから問題なし、と思っていると、痛い思いをします。
こういった売り注文が殺到するケースでは、特売りとなり、注文を一時受け付けない状況になるからです。
そうなると、一度ラインを過ぎた注文が受理される事はなく、延々と株価が下がっていき、大損する様を見守るしかできません。
このようなケースは決して珍しくはないのです。

それを防ぐ一番の方法は、分散投資です。
つまり、一つの銘柄に集中させるのではなく、複数の銘柄を購入して、管理していく方法です。
これだと、例え一つの銘柄が破綻や急落した場合でも、資金の損失はかなり少なくてすみます。

もちろん、一発当てようという人にしてみれば、絶対的に自信ある銘柄に全てを注入したいところでしょう。
そういう買い方もあります。
しかし、初心者の方はそれをすべきではありません。
まずは堅実に、損失を最小限に抑えていく取引を行い、徐々に様々な事を覚えていく事が望ましいです。

初心者の方は、急落していく株に対してとてつもない不安とストレスを覚えます。
その為、そういった状況に陥って日常生活や仕事に多大な影響を及ぼしかねません。
そういった観点からも、リスク管理の代表とも言える分散投資を強くお勧めします。
初心者でなくとも、分散投資は多くの人が行っている方法です。