株 初心者 > 株取引の分析方法

株取引の分析方法

株取引の初心者の方は、まず損切りを覚える事を徹底する事が重要です。

そのためには、まず試運転として実際に売買を行う事も必要でしょう。

ただし、あくまでも最初は控えめな額での取引が好ましいです。

そして、それらに平行して、本格的に株取引に関する分析を学んでいくと良いでしょう。

初心者の方にとっては、分析と言われても何か小難しそうで嫌、と思っているかもしれません。

ただ、分析とは言っても、小難しい事を考える必要はありません。

ある程度ツボをおさえておけば良いのです。

株取引における分析は、今も昔も大きく二つに分かれています。

それは、「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」です。

どちらが優れているという事はなく、それぞれに良さがあり、欠点もあります。

初心者の方にとっては、どっちを覚えた方が良いのかで悩む人も多いでしょうが、好きな方を選んでもいいですし、両方覚えておいても損はありません。

テクニカル分析は、簡単に言えば株式チャートに特化した分析方法です。

一方のファンダメンタル分析は、各会社の経営状態をはじめ、あらゆる状況を表したいくつかの指数から購入すべき銘柄、売却すべきタイミングなどを見つけていく方法です。

どちらが覚えやすいかというと、個人差もあるでしょうが、テクニカル分析の方が覚えやすいかもしれません。

チャートを見ながら覚えられるので、直感的な感覚で分析できるからです。

とはいえ、初心者の方にはテクニカル分析がお勧め、という事はありません。
どちらに関してもまず触りを見つつ、自分に合っていそうな方を先に学んでいくのが良いでしょう。