株 初心者 > 損切りをしっかり学ぼう

損切りをしっかり学ぼう

株取引を長く続けようと思うならば、初心者のうちに必ず覚えておく必要がある事。
それが、損切りです。
どのような株式用語よりもまず、この損切りを覚えましょう。
そうする事で、株取引におけるスタートラインに立つ事ができます。
株取引において一番重要なのは、株に関するあらゆる情報を集める事です。
その情報には、必ず最初にこう記されています。
「損切りをまず覚えろ」と。

損切りというのは、簡単に言えば「見切り」です。
ただ、もうこの株は待っていても上昇しないという気持ちで損切りを行うのは、はっきり言って止めた方が良いでしょう。
というのも、損切りは自己判断、あるいは自分のその時の分析で行うのは危険だからです。
「明日には上がる」「一週間立てば元に戻る」など、いつか好転するという気持ちが、少なからず投資家にはあるものです。
それがまだ取引における初心者であればなおさらですね。
そのような感情を含んだ判断は、いつか破綻します。

損切りに一番必要なのは、感情を一切排除した機械的な処置です。
簡単に言えば、購入と同時にそのラインに売り注文を出しておくくらいのことが必要です。
よく言われるラインは、購入時から-15%のラインが損切りのライン、という設定です。
ただ、これはあくまでも一例です。
10%、20%、あるいはそれ以外でも、まず自分にあった損切りのラインを見極めましょう。
初心者の方は、これを最初に決めておく事を強くお勧めします。
それが、株取引における第一歩となるでしょう。