株 初心者 > 買った株を売ってみよう

買った株を売ってみよう

最初に買った銘柄の株は、思い出としてずっと取っておく・・そういうロマンチシズムは、株取引の世界では必要ないといえます。
初めて買った株が幸いにも株価を上げた場合は、迷いなく売ってしまいましょう。
株はタイミングが重要です。
このタイミングを逃したばっかりに、本来なら数十万円の利益が出たのに、結果的に数百万円の損を出してしまった・・そんな例が数多く存在するのがこの世界なのです。
それは、たとえ初心者の方がはじめて買った株であっても、例外ではありません。
ですので、最初に買う株はできるだけ安い物が望ましいです。
練習と思って、最悪全損しても痛手にならない程度の額で購入すると良いでしょう。

現在所持している株を売る場合、当然タイミングが重要です。
初心者の方は、株価が購入時より高くならない限りは売りたくない、という気持ちがとても強いのではないでしょうか。
しかし、それだけでは株取引はとても成立しません。
必ずしもその株価が伸びるとは限りません。
むしろ、そうなる方が少ないという時期も結構あります。
その場合、もし株価が購入時より上がる事がなければ、永遠に売る事はできませんよね。
そこで、一番大事なのが「損切り」なのです。

この損切りというのは、簡単に言えば損している状況で売る事です。
損切りを行う場合は、もしここまで株価が落ちたら売ろう、というラインを自分で決めておく必要があります。
初心者の方は、まず何よりこの損切りを最初に覚えましょう。