株 初心者 > 証券会社の選び方・セキュリティ編

証券会社の選び方・セキュリティ編

証券会社を選ぶ過程で、実は今一番重視しなくてはならないのは、セキュリティかもしれません。
先日もNHKのドキュメント番組で、とある証券会社が破綻し、その会社に口座を開設していた人のお金が返ってこなくなった、というお話を取り上げていました。
こういった事態になってしまうと、証券会社に預けていた資金全てがゼロとなってしまいます。

株取引の場合、株を買った銘柄が倒産し、その株が白紙同然になるという事は稀にあります。
もっとも、これに関してはしっかりと情報管理をしていれば、ある程度回避はできます。
もちろん、ライブドアみたいなケースもあり、それを察知するというのは困難な事もありますが、それでも最悪その株が白紙になる程度で済みます。
証券会社の倒産は、全ての資金がなくなります。
これは、由々しき事態という表現だけでは表しきれません。
一夜にして一文なしになってしまう可能性だってあるのです。

初心者の方は、このような事例を見ると、怖くて株取引なんてできないと思うかもしれません。
実際、そういう怖さというのは初心者の方でなくとも持ち合わせているべきではあります。
その恐怖が警戒心を生み、より慎重な選択を促すからです。
ただ、あまり持ちすぎていると、何もできませんよね。
そのため、セキュリティがしっかりしている証券会社を選択すべきなのです。

多くの証券会社は、信託保全(信託分別管理)という方式を採用しています。
これは、顧客の資産と自分の会社の資産を区分けして管理している方式の事です。
これを行っている会社は、例え自社の資金が尽きて破綻したとしても、顧客の資金はそのまま残っており、払い戻しが可能となるシステムとなっています。
つまり、証券会社が潰れてもお金は戻ってくるということですね。
このようなセキュリティをしっかりしている会社を、初心者の方は選ぶようにしましょう。