株 初心者 > 口座資金をどう使うか

口座資金をどう使うか

株取引を行う上で、まず口座に資金を投入しますよね。
最低でも10万円、できれば100万円くらい入れておきたいところです。
株というのは、最も少ない金額で購入可能な銘柄ならば、数百円、あるいは数十円で購入できます。
もちろん、数十円で買った株が数万円、数十万円になる事はまずありません。
ですので、最低限「株で利益を出す」為に取引を行うならば、10万円くらいは持っておいたほうが良いでしょう。

また、逆にあらゆる銘柄を購入できる資金を用意して、取引の幅を最大限にしたいという場合は、1,000万円近くないといけません。
日本銀行や任天堂、花王といった所の株は最低でも200万円以上持っていないと株は買えません。
そこで、全銘柄の90%を購入可能な金額はいくらかというと、50万円くらいです。
50万円あれば、大体の銘柄が購入可能ということですね。

では、仮にこの50万円を口座に入れたとしましょう。
そこで、どのような使い方をするのが望ましいでしょうか?
もちろん、沢山のお金をつぎ込めば、より多くのリターンが期待できます。
例えば、株価が50,000円の株を10株買って、この株価が51,000円になったら、1万円(実際は手数料や税金が引かれるのでもっと少ない)の利益になります。
しかし、これが5株しか買っていなかったら、5,000円になります。
多くのお金を稼ぎたい人は、多くのお金をつぎ込みたいところでしょう。
よって、初心者の方は、口座にある全てのお金を使って取引を行いたがります。

しかし、これは有効ではありません。
理由は複数あります。
まず、リスク管理の面から行って、全てのお金を株購入に使用するというのは、いざというときに困る事になりかねません。
また、例えばもしある銘柄に全額投資したとして、その後に更に魅力的な銘柄が出てきた場合、最初に購入した株を売らないと、後で見つけた銘柄を買う資金がありません。
ここで銀行などの貯金を下ろして証券会社の口座に追加するという手もありますが、これが、一番初心者が大損するパターンです。
初心者の方は、証券会社の口座以上のお金を使わないようにすべきです。

こういった観点から、出来れば余力を残した状態での取引をお勧めします。