株 初心者 > 銘柄はチャートを見て選ぼう

銘柄はチャートを見て選ぼう

テクニカル分析を重視する場合は、銘柄の買い方はチャート優先という事になります。

チャートを見て買う銘柄を決める場合は、まず自分がどういう銘柄で勝負したいか、という事を漠然とでも考えておくと良いでしょう。

デイトレードの場合は、値動きが激しい銘柄を、長期的に見るならば、上下動の少ない右肩上がりの銘柄を買うのが基本となってきます。

初心者の方にデイトレードはお勧めできません。

中には、このデイトレードに手を出したばっかりに、全財産を失ったという初心者の方もいます。

できれば、まずは中期、長期の投資をしてみてください。

ただ、それでもデイトレードをやってみたいという初心者の方は、まず新規企業のチャートを中心に見ていくことになるでしょう。

株式市場には、東証とよばれる東京証券取引所をはじめ、数多くの取引所があります。

この取引所によって、そこで取り扱っている銘柄にはそれぞれ特徴があり、東証の場合は安定した大企業が多く集まっています。

デイトレード向きなのは、マザーズ、ヘラクレスなどの新興市場と呼ばれる取引所です。

比較的歴史の浅い市場なので、当然新規企業が集まってきます。

その結果、値動きの激しい企業が沢山取り扱われているという事になるのです。

株取引を行う上で、チャートを見て選ぶというのは比較的簡単です。

直感的に、どの銘柄が、今調子がいいというのがすぐわかるからです。
ただし、チャートの傾向どおりに株価が動く保証はありません。
チャート重視の場合は、特に慎重に売買を行う必要があります。