株 初心者 > 株投資の期間

株投資の期間

株式投資には、株を所持する期間によってそのスタイルが分かれます。
というのも、株というのは、どれだけの期間でどれだけの変動がある、というものが銘柄、あるいは市場によって大きく異なるのです。
その為、長い期間持つのか、短い期間持つのかで、向いている銘柄、市場、あるいは分野というのが全く異なってきます。
当然、戦略も大きく変わってくるわけです。
よって、購入した株をどれくらいの期間持つかというのは、株取引を行う上で非常に大きな違いとなってきます。

基本的に、期間は三つに分かれています。
短期、中期、長期ですね。
この三つは、全く異なる投資方法となる事もありますので、それぞれに特徴があります。
例えば、短期での取引の場合は、デイトレードと呼ばれる一日で売買を全て成立させるなど、非常に忙しいトレードです。
その為、常にパソコンに張り付いていられる環境が必要でした。

中期、長期の場合は、現在の動きより、数ヶ月後、数年後の動きを読む必要があります。
その為、現在のデータだけでは予測しきれない部分も多く、あらゆる要素をしっかりと分析しなくてはなりません。
また、一日の株価の上下動に心を動かされない強い精神が必要です。

基本的に、初心者の方はどの期間が向いている、というものは特にありません。
初心者の方でもデイトレードはできますし、長期的な運用もできます。
ただ、近年は初心者の方がデイトレードを行う傾向が強いようです。
特に、大学生など、時間に余裕を持てる人が多いようです。